キッズコーディネーション

研修

コーディネーションとは運動能力向上のための理論です。

状況に合わせて「体の動き」や「力の加減」を調整する能力

頭でイメージし、それを体で表現すること。

コーディネーション=運動神経 運動神経が良い=イメージした動きの再現性が高い

【コーディネーション7つの能力】

リズム能力:リズム感を養い、タイミングを掴む能力

バランス能力:バランスを正しく保ち、崩れた姿勢を立て直す能力

変換能力:状況の変化に合わせて、素早く動きを切り替える能力

反応能力:合図に素早く反応し、適切に対応する能力

連結能力:全身をスムーズに動かす能力

定位能力:動いているものと自分の位置関係を把握する能力

識別能力:道具や自分の手足を操作する能力

この7つの能力に合わせた練習メニューを組むことが重要
青線は、パルクールで養える能力

【運動能力が高いとは】

運動の習得が早いことで、コーチに言われたことの理解が早かったり、すぐに出来ること。

運動は、これまで培ってきた運動の経験から頭の中で運動をプログラムし、このプログラムを基に体を操ります。

【スキャモンの発育発達曲線】

​​​​20歳の時に100%とした時に、子供が何歳の時に何が発達するかを図にしたもの。

神経系は4,5歳で80%近く、12歳でほぼ100%に達します

➀10歳〜12歳の時期:ゴールデンエイジ

即座の習得:運動の習得が早い時期で、短時間で見様見真似で出来る状態の事を言います。

即座の習得が起きる子の共通点は、10歳までに様々な運動を行ったか否か

【ボディイメージ】

視覚に入っていない状態で身体を上手く操る能力

チェック方法:目を閉じて前ならえ
・肩の高さまで上げる
・左右同じ高さであるか
・何回やっても同じ高さであるか

運動はしていないけど、体のサイズが成長により大きくなることによって、ボディイメージのズレがどんどん生じていく。

【子供の時にしておくべき4つの動き】

くぐる:バーをサイドモンキーなどでくぐる

渡る:レールバランス

ぶら下がる:バー

よじ登る:ウォールラン

運動をイメージして実際に動かす感覚を身に着けるのに有効

【根幹をしっかり育てる】

からだ作り→動きづくり→筋力・持久力・俊敏性・→スポーツ・パルクール

タイトルとURLをコピーしました